<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 著作権フリー音楽 とは? | main | 5月の音楽 こいのぼり 【著作権フリー音楽】 >>

次世代高音質音楽データ "ハイレゾ" の定義が決まったようです

0
    先日JEITA(一般社団法人 電子情報技術産業協会)が、デジタルオーディオに用いられる PCM 方式データにおける「ハイレゾ」の定義を発表しました。
    関連記事 http://japanese.engadget.com/2014/03/31/jeita-cd/

    16ビットのものはハイレゾには含まれず、24ビットオーディオは44.1kHzでもハイレゾとの事です。

    その定義がどうかという事はさほど重要ではありませんが混乱を防ぐという意味では決まりは必要ですね。

    当社が制作販売している業務用 著作権音楽素材集は映像制作現場のニーズに合わせて
    2007年の発売当初から48kHz+24bitオーディオに対応しております。

    これはハイレゾ音源と書いても問題ありませんよね?

    高音質だけを求めたわけではなく生楽器の収録を積極的に行っているため自然とより良い状態で製品化するという気持ちでスタッフが制作を行っております。

    一部製品を紹介させていただきます。

    ・著作権フリー音楽集 CLR014-クラシックピアノ
    コンサートホールでグランドピアノの本格的な録音を行いました。
    デジタルピアノではなくきちんとした本物のクラシックピアノの音というものを使って欲しかったからです。
    この時は96kHz 32bitでの録音を行っております。


    その他 著作権フリー音楽素材・ジャズシリーズは音楽の特性上生演奏のみで行っております。
    是非生の演奏を24bitでお使い下さい。

    他にもYOUTUBE動画、商用、TV、ラジオなどに幅広くお使いいただける
    著作権フリー音楽・BGM素材集をご用意しております。

    センターラインレコードの音楽素材集
    センターラインレコード・スタッフ * 制作部日記 * 10:52 * - * -
    このページの先頭へ